1. 出張マッサージなら東京のタイ古式専門店「CRAZY CAT」
  2. マッサージ時間

マッサージに適切な時間とは?長時間行うメリット・デメリットも紹介

身体が疲れている際や気分が落ち込んでいる際、マッサージでリラックスしたりリフレッシュしたりすることで、不調を吹き飛ばす方法を選ぶ人は多くいます。マッサージ受ける際、「どのくらいの時間で施術を受ければ、より高い効果が得られるか」という点に関して、疑問を抱くことがあるでしょう。

今回は、マッサージの適切な時間や長時間受ける際のメリット・デメリットを解説します。施術にかかる平均時間と適切な時間帯についても紹介するため、マッサージを受ける時間に興味がある人は参考にしてください。

1.マッサージの時間は長いほうがいい?

マッサージの時間は長いほうがいいのかという点は、当日の目的や体調によって異なります。施術を受ける部分やメニューによって、マッサージの時間は変化する傾向にあるためです。

多くの場合、短時間のマッサージは「肩だけ」や「腰だけ」など、身体の1,2箇所をピンポイントに施術することとなります。「今日は肩こりがひどい」や「腰だけ楽になりたい」という場合は短時間のマッサージを選ぶとよいでしょう。

一方、長時間のマッサージの場合は、全身をくまなく観察しながらじっくりとマッサージを行います。全身をバランスよくマッサージすることで気分的にもリラックスしやすく、スッキリとリフレッシュしたい場合におすすめです。

短時間でも全身のマッサージを行うケースもありますが、1つの部分にかけられる時間が少ないため、深い満足感は得にくい傾向です。
マッサージは長時間受ければ効果が倍増するわけではないため、自分自身の体調を踏まえながら施術する時間やメニューを選びましょう。

1-1.長時間のマッサージを受けるメリット・デメリット

長時間のマッサージには、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット
  • 満足感を得られる
  • ストレスを軽減できる

長時間のマッサージでは、強い力をこめることがほとんどありません。
お客様にとって「気持ちいい」と感じられる強さでじっくりと施術できるため、深いリラックス効果が得られるとされています。60~120分程度ゆったりとリラックスすることでストレスを軽減でき、高い満足感が得られる傾向です。

デメリット
  • 逆に疲労する可能性がある

施術前から身体機能が低下ぎみの人は、長時間のマッサージで筋肉から放出される疲労物質の影響を受ける可能性があります。セラピストの腕によっては、刺激過多となったり揉み返しが起こったりするケースがあるため、注意が必要です。

2.マッサージの平均時間

マッサージ店やサロンなどに行き慣れていない場合、どの程度の時間でマッサージを受ければいいか見当がつかない人も多いでしょう。マッサージは、施術する部位やマッサージ方法によって適した施術時間が異なります。

ここでは、マッサージの平均時間について、1箇所・2箇所・全身の3パターンを紹介します。

2-1.1箇所マッサージする場合

身体のどこか1箇所だけをマッサージする場合の平均時間は、5~30分程です。

1箇所とはいっても、首まわりだけか腰まわりだけかなど、部位の大きさによって施術に必要な時間に幅がでます。その日のコリ具合や筋肉の張り具合によっても、施術終了までの時間は多少異なるでしょう。

また、マッサージの力加減によっても、必要な時間が異なる傾向です。
施術の力加減は基本的にお客様の好みに合わせるため、強い力をこめるときは時間が短くなり、弱い力のときは少し長めの時間がかかります。
狭い範囲を強い力で行う場合は5分程度、広い範囲を弱い力で行う場合は30分程度と考えましょう。

2-2.2箇所マッサージする場合

2箇所のマッサージを受ける場合の平均時間は、30~45分程です。

2箇所の場合、指定の部位に関係する周辺の筋肉を全て網羅する形となるため、高い満足感を得られるでしょう。全身のマッサージには及ばないものの、それなりの時間をかけて施術が行われるため、リラックス効果やストレスの軽減効果も十分に期待できます。

マッサージを受ける部位の組み合わせにもよりますが、数箇所のマッサージを受ける場合は、60分程度を見積もると時間に余裕を持って施術が受けられるでしょう。

2-3.全身をマッサージする場合

全身をマッサージする場合の平均時間は60~120分程です。
全身のマッサージは、軽くマッサージする場合としっかりとマッサージする場合によって、必要な時間が異なります。
マッサージの傾向としては下記のとおりです。

60分 全身を軽くマッサージする
75分 全身を軽くマッサージし、気になる部位を追加で施術する
90分 全身をしっかりとマッサージする
120分 全身をしっかりとマッサージし、気になる部位の施術やストレッチなどを追加する

基本的に、全身をマッサージする場合は時間が長くなる傾向です。
体調によっては全身のマッサージが向かない日もあるため、どのメニューが最適か迷った場合は相談するとよいでしょう。

3.タイ古式マッサージの平均コース時間は「90分」

タイ古式マッサージを受ける場合の平均コース時間は「90分」です。

タイ古式マッサージは身体のコリにフォーカスするよりも、じっくりと時間をかけて全身の筋肉にアプローチするボディトリートメントとなります。
短時間でもある程度の効果は得られるものの、しっかりと全身のボディケアを行いたい場合やリラックス感を味わいたい場合は、90分以上が必要です。

全身のマッサージ以外にも気になる部分を重点的に受けたい場合は、120分以上の施術時間を目安にしましょう。

4.マッサージに適した時間帯

マッサージを受ける目的や生活のサイクルによって、施術に適した時間帯は異なります。

朝に起床する生活リズムの人を例にすると、起床後や午前中にマッサージを受けることで、スッキリとした1日が送れるでしょう。
治療を目的とした整体などを受ける場合は、1日の中でもっとも体温が高く身体が活性化する夕方に受けるとよいとされています。

夕方まで働いた疲れを癒したい人は入浴後、眠りに入る直前にマッサージを終えられる時間を選びましょう。日没後の睡眠に向かう時間帯は副交感神経が優位となるため、より深いリラックス効果を感じやすくなります。

リラクゼーション目的でマッサージを受ける場合は、疲れた身体にしっかりとアプローチできる夜の時間帯がおすすめです。

5.タイ古式マッサージを受けるなら「CRAZY CAT」

マッサージにはさまざまな種類がありますが、その中でもタイ古式マッサージを受ける場合は「CRAZY CAT」がおすすめです。CRAZY CATには、以下の魅力があります。

●CRAZY CATの魅力

  • 体調や好みに合わせてメニューを選択できる
  • ホームページでセラピストの出勤情報を確認できる
  • 対象エリアでは出張サービスを受けられる
  • 自宅だけでなくホテルやオフィスでもマッサージを受けられる

CRAZY CATでは、60分の「全身ショートコース」から180分の「みっちりロングコース」まで5種類の基本メニューがあります。また、希望のオプションを追加することが可能です。
ホームページでは勤務するセラピストの出勤情報が確認でき、施術タイプや個人別評価を参考に指名相手を選択できます。

東京23区をメインとして出張サービスを展開しており、自宅以外にもシティホテルやオフィスなどのほか、さまざまな施設でもサービスを提供中です。

マッサージを受けるための移動が面倒な人や、施術を終えた後はゆっくりとくつろぎたい人は、CRAZY CATの出張マッサージを利用してみましょう。

まとめ

今回は、マッサージの適切な時間や、長時間受ける際のメリット・デメリットなどを解説しました。

マッサージを受ける際の適切な時間は、マッサージを受ける目的やその日の体調によって異なります。身体の1、2箇所の場合は短時間でも十分です。一方、全身にアプローチする場合は、1日の終わりに長時間の施術を受けたほうがよいでしょう。

平均の施術時間が平均90分以上のタイ古式マッサージは、時間をかけて全身にアプローチする施術方法です。出張サービスを提供しているCRAZY CATであれば、寝る直前までゆったりと施術を受けられるため、利用を検討してみてはいかがでしょうか。