マッサージの適切な頻度は?症状別の回数の目安も解説!

身体の疲れを取る有効な方法のひとつに、マッサージがあります。日常生活の中で疲れた身体をケアするために、マッサージに通いたいと思っている人も多いでしょう。しかし、マッサージ店にどれくらいの頻度で通えばよいのか迷うものです。

そこで今回は、マッサージの適切な頻度について解説します。症状別の頻度の目安や、定期的に通うことが難しい場合の解決策も紹介するため、マッサージを利用したいと思っている人は、ぜひ参考にしてください。

目次

  1. マッサージの頻度が重要な理由
    1. マッサージの理想的な頻度は施設で異なる
  2. 【症状別】マッサージの適切な頻度はどれくらい?
    1. 肩こり:週1~3回
    2. 眼精疲労:月1回
    3. むくみ:週1回または2週間に1回
  3. マッサージに定期的に通うことが難しい場合は?
  4. タイ古式の出張マッサージなら「CRAZY CAT」

1.マッサージの頻度が重要な理由

マッサージの頻度は、多すぎても少なすぎても望ましくありません。マッサージの頻度が多いと、身体や肌に負担がかかってしまい、症状がよくならない可能性があります。一方で、マッサージの頻度が少なすぎても、固まった筋肉は柔らかくなりません。

マッサージによる効果を十分に受けるためには、定期的な通院・通所が必要となります。そのため、事前に適切な頻度を知ったうえで、マッサージに通いましょう。

1-1.マッサージの理想的な頻度は施設で異なる

マッサージには、国家資格者による施術と民間資格者による施術の2種類があります。それぞれの施術目的やマッサージの適切な頻度は、以下のとおりです。

国家資格者による施術 民間資格者による施術
施術の内容 あん摩指圧マッサージ トリートメント
該当する店舗 あん摩マッサージ指圧師のいるマッサージ院 エステサロンやリラクゼーションサロン
施術の目的 リラクゼーションに加えて、治療目的での施術が可能 リラクゼーションのみ
理想的な頻度 週1回
※症状による違いあり
何回でもよい

国家資格者による施術と民間資格者による施術では、そもそも提供できる施術内容や施術目的が異なります。国家資格者は治療目的のあん摩指圧マッサージを行えるため、身体への負担を考えたうえで、適切な頻度を守りましょう。

一方で、民間資格者はトリートメントのようなケアを行うため、リラクゼーションを目的とした施術となります。そのため、疲れやストレスが溜まっているときや、気分的にリラックスしたいときなど、民間資格者による施術は自分が好きなタイミングで受ければ問題ありません。

2.【症状別】マッサージの適切な頻度はどれくらい?

治療目的でのマッサージは、症状ごとに適切な頻度が異なります。効果的にマッサージを受けるためには、あらかじめ症状ごとの目安となる頻度を把握することが大切です。

ここからは、あん摩マッサージ指圧師のいるマッサージ院を利用する場合の適切な頻度を、症状別に紹介します。

2-1.肩こり:週1~3回

肩こりは、日常生活のさまざまな要因から引き起こされます。肩こりの要因となる主な例は、以下のとおりです。

【肩こりの主な原因】

  • 長時間のデスクワークによる筋肉の疲れや姿勢の歪み
  • パソコンやスマホの操作による眼精疲労
  • ストレスによる自律神経の乱れ
  • 筋力の低下や運動不足による血行不良

肩こりの適切なマッサージ頻度は週1~3回です。こりがひどい場合は、少し回数を増やして週2~3回通院すると効果的でしょう。肩こりが軽傷である場合は、月に1回程度のマッサージでも十分です。コリ具合などに応じて、施術者に相談しましょう。

2-2.眼精疲労:月1回

眼精疲労は、目の疲れや痛みが慢性的に続く症状です。目だけでなく、眼精疲労が原因となってほかの部位の不調を引き起こすこともあります。眼精疲労を引き起こす主な原因は、以下が挙げられます。

【眼精疲労の主な原因】

  • 不適切な度数の眼鏡やコンタクトレンズの使用
  • ドライアイ
  • 長時間のパソコン作業など、目の使いすぎ
  • 目以外の全身に関連する病気
  • 精神的なストレス

眼精疲労は、ひとつの原因だけでなく、いくつかの要素が複合して発症することもあります。眼精疲労を緩和したい場合は、頭皮のヘッドスパが効果的です。ヘッドスパの効果は持続性が高いため、間隔を空けて月1回程度通うとよいでしょう。

2-3.むくみ:週1回または2週間に1回

むくみは、余計な水分や老廃物が体内に溜まっている状態のことです。むくみが起きる原因は、生活習慣や病気など、多岐にわたります。むくみの主な要因は、以下のとおりです。

【むくみの主な原因】

  • 同じ姿勢の持続による血行不良
  • 筋力の低下や運動不足による血行不良
  • 塩分過多やビタミン不足などの栄養に関係する問題
  • ホルモンバランスの乱れ(女性の場合)
  • 内臓系の病気や障害

むくみに対しては、足ツボマッサージやリンパマッサージが効果的です。むくみの解消を目的にマッサージを受ける場合、目安となる頻度は週1回または2週間に1回です。足裏マッサージは1~2週間に1回、リンパマッサージは週1回を目安の期間としてください。

3.マッサージに定期的に通うことが難しい場合は?

マッサージを受けたいと思っていても、仕事や家事・育児などで時間が取れず、定期的に通うことが難しい人いるでしょう。なかなかマッサージに通えない人におすすめのサービスが、出張マッサージです。出張マッサージでは、施術者が利用者の自宅やホテルなどを訪問し、マッサージを提供します。出張マッサージを利用する具体的なメリットは、以下のとおりです。

〇出かける必要がないため、時間や労力を軽減できる

出張マッサージの最大のメリットは、自宅にいながら利用できるため、時間や労力を軽減できる点です。マッサージ店が家の近くにない場合、電車や車で移動し、待ち時間が発生するケースもあります。女性であれば、外出するための化粧やコーディネートにも時間がかかるでしょう。出張マッサージは電話で予約するだけでよいため、移動や準備に余計な時間や手間が発生しません。その分の時間を仕事や育児などの作業に充てることができます。

〇深夜まで利用できる

出張マッサージは、深夜まで営業している店舗が多いことが特徴です。中には、早朝3時~4時まで出張可能としている店舗もあります。店舗型だと日をまたぐ前に閉店している場合が多く、忙しいサラリーマンは落ち着いて通うことができません。出張マッサージは遅い時間帯でも営業しているため、帰宅して一息ついてから来てもらうなど、柔軟な利用法が可能です。

〇そのまま就寝できる

寝る前に来てもらい、そのまま就寝できる点もメリットです。1日の最後にマッサージを受けることで、次の日に疲れが残りにくくなるでしょう。また、「このまま寝てもよい」という状態でマッサージを受けられるため、気持ち的にもリラックスできます。

4.タイ古式の出張マッサージなら「CRAZY CAT」

タイ古式マッサージとは、タイの民間伝統のひとつです。2019年には、ユネスコの無形文化遺産にも登録されています。一般的な指圧によるマッサージと異なり、肘や膝、てのひらなどの全身を使った施術が、タイ古式マッサージの特徴です。

タイ古式の出張マッサージを利用したいときは、「CRAZY CAT」へぜひご連絡ください。CRAZY CATには、以下のおすすめポイントがあります。

【CRAZY CATのおすすめポイント】

  • 独自の施術方法により、心地よくマッサージを受けることができる
  • セラピストは20代~30代前半の女性が中心となっている
  • 豊富なオプションを用意している

CRAZY CATでは独自に編み出した施術方法を用いており、マッサージ特有の痛みが少ないため、心地よくリラックスした状態で施術を受けることができます。また、セラピストは20代~30代前半の女性が中心です。女性特有の悩みや疑問も、気軽に話してください。さらに、オプションのメニューも豊富にあります。足クリームやストレッチ、ヘッドマッサージなどのオプションがあるため、好みや体調に応じて追加することが可能です。
ネット予約は、24時間受け付けています。まずはお問い合わせください。

まとめ

マッサージは、頻度が多すぎても少なすぎても効果が発揮されない可能性があるため、適切な頻度で通うことが重要です。特に、国家資格者によるマッサージを受ける際は、リラクゼーションに加えて治療目的の施術となるため、症状ごとの適切な頻度を知っておきましょう。

マッサージに定期的に通うことが難しい人には、出張マッサージがおすすめです。自宅などにいながら利用できるため、時間がないときも気軽にマッサージを受けられます。タイ古式マッサージの施術を受けたい場合は、「CRAZY CAT」をご利用ください。独自の施術方法を用いて、心地よいマッサージを提供します。