ヘッドマッサージの効果は?たるみや薄毛・育毛の悩みに効く?

ヘッドマッサージは、日頃の疲れをリフレッシュできる方法のひとつです。ヘッドマッサージにはさまざまな改善効果が期待でき、自分で気軽に実践することができます。

今回は、ヘッドマッサージで得られる効果やメリットを紹介した上で、自分で効果的にヘッドマッサージする方法を説明します。「ヘッドマッサージにはどんな悩みに効くのか知りたい」「ヘッドマッサージに興味はあるものの具体的な方法がわからない」という人は、ぜひ最後まで目を通してください。

目次

  1. ヘッドマッサージの改善効果・メリットとは?
  2. 自分で効果的にヘッドマッサージする方法
    1. 【基本編】5分でできるヘッドマッサージ
    2. 【応用編】すみずみまでほぐすヘッドマッサージ
  3. 本格的な癒しのヘッドマッサージなら「CRAZY CAT」

1.ヘッドマッサージの改善効果・メリットとは?

ヘッドマッサージとは、エステサロンや美容室などで行われることが多い、頭皮に注目したマッサージです。手のひらや指を使って頭皮をほぐすことで、以下のような改善効果やメリットが得られます。

  • ●めぐりを促進する効果

    ヘッドマッサージをすることで、固まった頭皮の凝りにアプローチできます。頭皮が固くなる原因は、ストレス・睡眠不足・疲労など、さまざまです。マッサージによって頭皮をほぐし、めぐりを改善することで、健やかな状態へ導くことができます。

  • ●頭皮環境を整える効果

    手で頭皮を動かすことで頭皮環境が整いやすくなる点も、ヘッドマッサージによるメリットのひとつです。頭髪や肌に関するトラブルを防ぐためには、頭皮環境を適切な状態に保つことが大切だと言われています。

  • ●エイジングケアの効果

    ヘッドマッサージには、エイジングケアの効果もあります。頭皮と顔の皮膚はつながっているため、マッサージによって頭筋を刺激することで、若々しい印象を作り出すことが可能です。見た目年齢に悩んでいる場合は、ヘッドマッサージを行ってみましょう。

  • ●気分的なリラックス効果

    ヘッドマッサージには、日頃の疲れをリフレッシュできるというメリットもあります。あまりの気持ちよさに、施術中に眠ってしまう人も少なくありません。頭皮をなでたりさすったりして気分がリラックスすれば、寝付きやすくなる効果が期待できるでしょう。

このように、さまざまな改善効果やメリットがあるヘッドマッサージは、美容室などに行かなくても自分で行うことが可能です。

2.自分で効果的にヘッドマッサージする方法

自分でヘッドマッサージする際は、正しいタイミングで行うことが大切です。 一般的に、身体が温まっている入浴中や入浴後に行うと、ヘッドマッサージの効果は高くなりやすいと言われています。「湯船につかりながら」「シャンプーしながら」など、身体が温まっているときにヘッドマッサージを行いましょう。

また、ヘッドマッサージでは以下の4か所を重点的にケアします。それぞれのゾーンを、指の腹や手のひらを使って刺激しましょう。

  • 頭頂部ゾーン
  • 前頭部から側頭部までのゾーン
  • こめかみゾーン
  • 後頭部ゾーン

ここからは、自分で効果的にヘッドマッサージする具体的な方法を説明します。

2-1.【基本編】5分でできるヘッドマッサージ

ヘッドマッサージの基本となる手順は、以下の通りです。

Step①指の腹を使って頭皮全体を押す
5本の指の腹を使って、4か所のゾーンの頭皮を気持ちがよいと感じるぐらいの強さで順番に押します。Step①のポイントは、各ゾーンを15秒ほど指の腹で刺激して、頭皮をよくほぐすことです。頭頂部はやや強めに押し、こめかみゾーンは軽く目尻を引っ張るイメージで刺激しましょう。

Step②手根を使ってこめかみを引き上げる
両方のこめかみゾーンにそれぞれ手根を当て、目尻が吊り上がるまでゆっくりと真上に引き上げます。5~10秒かけてこめかみを引き上げることで、頭皮や周辺の筋肉をほぐし、可動域を広げる効果が期待できます。手根を使ったマッサージは、5本の指先を真っすぐ伸ばしたまま行いましょう。

Step③手をグーの形にして頭皮を回す
人差し指・中指・薬指の第1関節・第2関節が平らな面となるよう、両手の指をグーの形にして折り曲げます。手を折り曲げてできた平らな面を頭皮に押し当て、円を描くように回して15秒ほど刺激しましょう。このとき、前頭部から側頭部までのゾーン・こめかみゾーン・後頭部ゾーンの順にマッサージを行います。

Step④親指と4本の指でVの字を作って顔全体を引き上げる
最後に、両手の親指と4本の指でVの字を作り、耳を挟むようにして手のひらを顔の側面に当てます。心地よいと感じる強さでハンドプレスしながら、5~10秒かけてゆっくりと斜め上方向に引き上げましょう。

基本のマッサージでも十分にリラックス気分を味わえます。頭皮のすみずみまでしっかりとケアしたいときは、応用編のヘッドマッサージに挑戦してみましょう。

2-2.【応用編】すみずみまでほぐすヘッドマッサージ

応用編のヘッドマッサージでは、頭皮から首までしっかりとケアすることができます。 ヘッドマッサージの手順は、以下の通りです。

Step①指の腹を使って頭頂部から側頭部を刺激する
5本の指の腹を使い、頭頂部の頭皮を少し持ち上げて前後左右に動かして刺激します。 その後、側頭部に指を移動させて円を描くようにして頭皮を動かしましょう。

Step②前頭部を指でつまみ上げる
親指と人差し指の腹を使って、前頭部をつまみ上げるようにマッサージを行います。 髪の生え際から頭頂部までにかけて、2秒ずつ刺激することがポイントです。

Step③両手を使って頭頂部を刺激する
頭の上で両手を組んだら、親指の第2関節を使って頭皮を引き寄せるイメージで、2秒かけて刺激しましょう。この動きを、少しずつ場所を変えて10回行ってください。

Step④手をグーの形にしてこめかみを回す
グーの形にした手を両方のこめかみゾーンに当て、頭皮を押しながらぐるぐると回します。次に、こめかみから頭頂部にかけて、円を描きながら手を動かします。

Step⑤手根を使ってこめかみを引き上げる
側頭部に手根を当てたら、耳の前・上・後ろに手根を移動させて引き上げましょう。

Step⑥側頭部をつかんで引き上げる
親指が耳の後ろ・小指がこめかみに当たるように両手を頭に置きます。頭皮に指の腹を当てたまま、5秒かけて側頭部を引き上げる動きを10回繰り返しましょう。

Step⑦耳の後ろをこぶしで押す
机などに肘をついてこぶしを作り、人差し指と中指の第2関節にある固い骨を耳の後ろに当てます。頭の重みをこぶしに預けるようにしながら、こぶしをぐりぐりと押し当てましょう。

Step⑧両手を組んで首の後ろをさする
両手を組んで首の後ろに当て、手根で挟むようにマッサージを行います。首の後ろにあるくぼんだ部分から肩にかけて、気持ちがよいぐらいの力加減で刺激することがコツです。

頭皮全体をケアしたいときは、応用編のヘッドマッサージをぜひ取り入れてみてください。

3.本格的な癒しのヘッドマッサージなら「CRAZY CAT」

頭皮のヘッドマッサージは自分でも行うことができますが、頭皮を傷つけないように注意する必要があります。「頭皮を傷つけることなく本格的な施術を受けたい」と考えている人には、自宅などで施術を受けられるタイ式専門店「CRAZY CAT」がおすすめです。

「CRAZY CAT」では、ヘッドマッサージのメニュー以外に、全身をケアするコースも取り揃えています。気になる部位をなでたりさすったりしてもらうことで、心からリフレッシュすることが可能です。 また、利用日時の指定はもちろん、「技術に定評がある」「雰囲気がよい」などの項目から、好きなスタッフのタイプを選ぶこともできます。

東京を中心に自宅やシティホテルなどにスタッフが出張してくれるため、ヘッドマッサージで癒されたいときは「CRAZY CAT」を利用してみましょう。

まとめ

ヘッドマッサージは、めぐりを促進したり頭皮環境を整えたりするなど、多様なメリットがある施術です。自分で頭皮をケアすることもできるため、今回紹介したヘッドマッサージの方法をぜひ参考にしてください。効果的にヘッドマッサージを行うなら、入浴中やお風呂上がりなど、身体が温まっているタイミングがおすすめです。

プロによる本格的な施術を受けたい場合は、タイ式専門店「CRAZY CAT」を利用しましょう。身体の構造を理解したスタッフが在籍しているため、自分で行う以上の高いリラックス効果が期待できます。